入れ歯

TEL03-5875-9034

アクセス清澄白河駅より徒歩7
菊川駅より徒歩10

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 21:00 /
  • ▲ 土日の診療は、10:00~13:00 / 14:00~17:00となります。
  • ※ 19:00〜21:00は完全予約制です。
キービジュアル

「痛み」や「違和感」のない、「噛める入れ歯」を作ります。

当院の入れ歯治療の”心得(こころえ)”

当院の入れ歯治療の”心得(こころえ)”

当院が長年入れ歯治療に携わって感じること。それは
「患者さんのお口の中は千差万別。だからこそ、ひとつの治療法にこだわるのではなく、一人ひとりのお口の状態に合わせ、様々な治療法や技術を組み合わせることが入れ歯をお作りするうえでは大切だ」
ということです。

「あごの減り具合」や「噛み癖」、「粘膜の硬さ」、「上と下のあごの位置関係」、「あごの関節の動き方」は個々の患者さんで異なります。そして入れ歯はこれらの条件を総合的に診ていかなければ、見た目が良くても「噛めない」「痛い」「発音しにくい」入れ歯になってしまいます。

当院では”入れ歯でお悩みの方の喜ぶ笑顔を見たいという一心で、日夜治療に取り組んでいます。

日々の研究を怠らず、まずは患者さんのお口の中の状態をしっかりと正確に把握すること。
そして患者さんのお悩みに真剣に向き合うこと。

これが当院の入れ歯治療の心得です。

患者さんの様々な”ニーズ”にお応えいたします

かつての入れ歯は、プラスチック製のもの(保険)か金属を使った入れ歯(自費)のいずれかでした。しかし近年は入れ歯にも様々な材質が使用できるようになり、患者さんのニーズに合った入れ歯の作製が可能になっています。

目立ちにくい入れ歯

部分入れ歯では通常、歯に固定するバネ(クラスプ)に金属が用いられます。ただバネをかける位置によっては、装着時に見栄えが悪くなることも多く、「恥ずかしくて口が開けられない」といった悩みの種になっていました。

このような部分入れ歯の”見た目”を解決してくれるのが、「ノンクラスプデンチャー」という入れ歯です。ノンクラスプデンチャーには従来のような金属のバネがなく、歯ぐきと同じピンク色の樹脂で固定するため、装着しても入れ歯が目立つ心配がありません

スマイルデンチャー

スマイルデンチャー

透明感のあるスマイルデンチャーは歯ぐきの色に馴染みやすく、入れ歯を装着しても口元がキレイに見えるのが特長です。また使用する材質は強度と柔軟性を兼ね備えるため、フィット感がよく装着時の違和感も少なくなります。

オプションのご紹介

ノンクラスプデンチャー+金属

ノンクラスプデンチャー+金属

ノンクラスプデンチャーは入れ歯が「目立ちにくい」というメリットの一方で、”耐久性に劣る”という欠点があります。その欠点を補うために、人の目に触れにくい部分に金属を使用し、耐久性を高めるオプションをご用意しております。

しっかり噛める入れ歯

入れ歯のお悩みでよく聞かれるのが、「すぐに外れる」「噛めない」といった問題です。長年この問題が解決されなかった方の中には、「入れ歯はそういうものだから」と諦めている方も少なくありません。
ただ入れ歯もしっかり安定する装置を併用すれば、「外れない」「しっかり噛める」入れ歯に仕上げることができます。噛めない入れ歯でお悩みの方は、ぜひ当院までご相談ください。

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

「インプラント+入れ歯」のインプラントオーバーデンチャー

お口の中に2~4本ほどインプラントを埋め込み、それを固定源にして入れ歯を安定させます。入れ歯が顎にしっかり固定されるため、食事中に入れ歯が動いたり外れたりする心配がありません。また入れ歯は患者さん自身で取り外しができます。通常のインプラントよりも埋め込む本数が少ないため、治療による身体的負担が少ないのもメリットです。

痛みが少ない入れ歯

痛みが少ない入れ歯

入れ歯の裏側を弾力性のある特殊な樹脂で加工した入れ歯です。軟らかい樹脂がクッションの役割を果たし、食べる時の衝撃を吸収して痛みを和らげます。また歯ぐきの吸着にも優れるため、「入れ歯が動く」「入れ歯が外れやすい」という方にもおすすめです。

”高品質”な入れ歯へのこだわり

入れ歯がなぜ痛くなったり、すぐ外れたりしてしまうのか?端的にいえば、それは「いま使っている入れ歯が、自身のお口の形に合っていない」からです。入れ歯は歯ぐきや粘膜に支えられますが、その形態と入れ歯が合わないとすき間が生じて外れやすくなったり、入れ歯が歯ぐきに食い込んで痛みを感じたりします。
では自分のお口の形に合う入れ歯を作るには具体的にどうすればよいのか、以下に当院の取り組みを詳しくご紹介します。

診断用義歯

診断用義歯

一般的な入れ歯は診療室で採取した歯型をもとに作製されます。ここで問題なのは、その歯型が静止した状態、つまり「何もしていない状態」の歯型であることです。

入れ歯を入れてただ”笑うだけ”であればそれほど問題ではありませんが、ただ実際にそんなことはありえません。入れ歯は患者さんにとって食べ物を噛むためのものであり、人と語らうためのものなのです。したがって入れ歯には「食事をしている状態」や「会話をしている状態」の顎や筋肉の動きを反映させる必要があります。

当院ではこのような日常的なお口の動きを「診断用義歯」を使って測定し、その動きを完成品に反映させていきます。このような診断を経ることで、お口の様々な動きに合った入れ歯の作製が可能となり、装着後も快適にお使いいただけるようになります。

CT分析

CT分析

入れ歯はただ歯型に合わせて作れば、良いものができるというわけではありません。設計するうえでは顎の動きや筋肉の動きにも配慮し、周囲の組織と調和した形態に作り上げることが大切です

当院では入れ歯の治療にCTの技術を活用し、顎や筋肉の形態や動きなども計算された、精密な入れ歯の作製に取り組んでいます。

歯科技工士との連携

担当歯科医の指示のもと、「歯科技工士」によって作製される入れ歯は、歯科技工士の知識・経験・技術力によってクオリティに差が生じます。つまり入れ歯を作ってもらう歯科技工士の手腕が、入れ歯の品質を左右するというわけです。

当院では入れ歯作製の経験が豊富で、業界でも定評のある歯科技工士と連携し、皆さんに高品質な入れ歯をご提供しています。

入れ歯でも「自分らしい美しさ」を表現する

入れ歯でも「自分らしい美しさ」を表現する

歯はひとつひとつに「個性」があり、またその人にふさわしい「形」や「色」が存在します。その個性をうまく表現すれば、入れ歯でも個々の患者さんに理想的な口元に仕上げることができます。

ナチュラル型

ナチュラル型

日本人に多いタイプで、前歯の先端が一直線上に並ぶに歯と、並ばない歯が混在しています。見た目が自然に近い歯並びで、お口を小さく、さらに若々しい印象にみせる効果があります。

ストレート型

ストレート型

白人に多いタイプの歯並びで、すべての前歯の先端が一直線上に並びます。口元をくっきりと強調する効果があります。

クローズ型

クローズ型

日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端が一直線上に並び、歯と歯にわずかな重なりがみられるのが特徴です。女性的な印象をさらに強調する効果があるといわれています。

スマイルライン型

スマイルライン型

下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。 世界的に好まれる歯並びで、”ハリウッドスマイル”とも呼ばれています。

担当医からの「入れ歯作り」に対するメッセージ

入れ歯作りには一定のセオリー(理論)があり、そのセオリーに基づいて作製すれば、ある程度のクオリティを保つことが可能です。

ただお口の形態は一人ひとりで異なり、さらに年齢を重ねるごとに変化が生じます。このような形態の移り変わりには一般的なセオリーが通用しないことも多く、その時々で柔軟な判断が求められます。

ここでもし、一定の理論や基準にのみとらわれてしまうと、お口の変化に対応しきれない、”ちぐはぐ”な入れ歯をお作りしてしまうことになりかねません。実際にこのような入れ歯に長年悩まされる患者さんは後を絶たず、「入れ歯だから仕方がない」と諦めている方が多いことも非常に残念に思います。

当院ではこのような患者さんに、もう一度「食べる喜び」と「語らう幸せ」を感じていただきたいと願っています。ぜひお一人で悩まず、私たちにそのお悩みをお聞かせください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせお問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】

電話でのお問い合わせ03-5875-9034

【住所】

〒135-0021
東京都江東区白河4-3-1-104
イーストコモンズ清澄白河セントラルタワー1F

MENU

pagetop