白い詰め物・被せ物・ホワイトニング

TEL03-5875-9034

アクセス清澄白河駅より徒歩7
菊川駅より徒歩10

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
14:30 ~ 21:00 /
  • ▲ 土日の診療は、10:00~13:00 / 14:00~17:00となります。
  • ※ 19:00〜21:00は完全予約制です。
キービジュアル

理想の白さ、実現します。

【オフィスホワイトニング限定特典】
初回施術より1ヶ月以内の来院で「2回目無料!」

1日で”白い歯”が手に入る「3Dセレックシステム」(近日導入予定)

セレックシステムとは、セラミック素材の詰め物や被せ物をその日のうちに作製・装着できる審美治療です。その特長を以下にご紹介します。

特長1治療したその日に白い歯が入ります

治療したその日に白い歯が入ります

従来のセラミック治療は「歯を削って歯型を取る」「歯科技工士が作製する」「完成品を装着する」という大きく3つの工程にそって進められます。これらの工程は1回の治療で終わらせることが難しく、最低でも2~3回の通院が必要となります。

セレックシステムではこれらの工程をわずか1日で行えるため、治療したその日にセラミックの詰め物や詰め物を装着することが可能になります。

特長2白さは”半永久的”に持続します

白さは”半永久的”に持続します

セレックシステムで使用するセラミック素材は変色が少なく、その白さは半永久的に保たれます。

特長3虫歯リスクを大幅に軽減します

虫歯リスクを大幅に軽減します

従来の治療では完成品の装着まで1~2週間の期間を要するため、削った部分には一時的な「仮歯」を入れるのが一般的です。しかし仮歯の材質は強度や封鎖性に劣るため、すき間から細菌や汚れが入り込んで削った歯面を汚染してしまいます。この状態で完成品を装着すると、内側から再び虫歯を発生させる”二次う蝕”のリスクが高まります。

セレックシステムでは削ったその日に完成品を装着できるため、歯面に対する汚染が少なく、虫歯になるリスクも大幅に軽減されます。

特長4精度が高い

精度が高い
精度が高い

歯科治療で入れる詰め物・被せ物は、完成にいたるまでの工程が多いほどズレが生じやすく、精度に影響が出てしまいます。このズレはほんのわずかではあるものの、細菌レベルまで考えると無視することはできず、装着後しばらくして「外れる」「虫歯になる」といった原因にもなりかねません。

装着までの工程が非常にシンプルなセレックシステムは、作製の際におこるズレが少なく、歯にぴったりとフィットした完成品を装着することができます

特長5”型取り”の負担がなくなります

”型取り”の負担がなくなります
”型取り”の負担がなくなります

セレックシステムでは専用の3Dカメラで削った部分をスキャンし、コンピュータ上にその歯型を再現していきます。この間わずか数秒の作業ですので、型取りによる患者さんへの負担はほとんどありません。嘔吐反射が強く、”歯医者さんの型取りが苦手”という方にもおすすめです。

 

各工程で完成品の”イメージ”を患者さんと共有します

各工程で完成品の”イメージ”を患者さんと共有します

前歯などの審美的(見た目)な問題に関しては、治療前のカウンセリング以外でも、治療の各工程で完成品のイメージを患者さんと共有します。

「治療前」のカウンセリング

治療前にカウンセリングを行い、模型や症例などをご覧いただきながら、患者さんのご希望をお伺いします。その具体的なイメージを歯科医と共有したのち、治療をはじめていきます。

 

 

「セットアップ模型」によるイメージの共有

「セットアップ模型」によるイメージの共有

患者さんの模型上で被せ物の形態をワックス(ろう)で形作り、視覚的なイメージをとらえていきます。患者さんにもその模型を確認していただき、互いの意見をすり合わせていきます。

 

 

「仮歯」によるイメージの共有

「仮歯」によるイメージの共有

審美性が要求される前歯の治療では、完成品に近い「仮歯」を実際に患者さんのお口の装着し、歯の大きさや形、出っ張り具合などを確認していただきます。

マイクロスコープの活用/被せ物・詰め物の長期安定のために

マイクロスコープの活用/被せ物・詰め物の長期安定のために

マイクロスコープ」とは、視野を数十倍に拡大できる医療用顕微鏡のことです。審美セラミック治療は肉眼では見えない部分にいかにこだわるかが、完成品の「美しさ」や「耐久性」を左右します。
下の画像は、肉眼とマイクロスコ―プ下での視野を比較したものです。

  • マイクロスコープの活用/被せ物・詰め物の長期安定のために
  • マイクロスコープの活用/被せ物・詰め物の長期安定のために

左側が「肉眼」、右側が「マイクロスコ―プ」の視野になりますが、どちらがハッキリ見えるかはこの画像を見ても一目瞭然です。マイクロスコ―プ下の視野では、赤枠で囲った”桜の花びら”の中に記載される「」「」「」という文字まで確認できます。歯科治療でマイクロスコ―プを使うと数ミクロン単位での治療が可能となり、被せ物の精度が飛躍的に向上します。

高倍率ルーペの活用

高倍率ルーペの活用

下の画像は、他院にて治療された患者さんのお口の中を写したものです。赤いマルで囲まれた銀歯は見かけ上は問題なく見えますが、外してみるとその下が黒く、虫歯になっている様子がわかります。なぜこのようなことが起こるのかといえば、詰め物と歯の間には肉眼では見えないレベルの”すき間”が生じやすいからです。

幸いにもこの患者さんは早い段階で虫歯を発見できましたが、このまま放置されていれば詰め物はやがて外れてしまいます。その頃には、さらに虫歯も進行していることでしょう。これがもし被せ物であれば、被せ物が外れるまでに歯が大きく崩壊し、気づいた時には”歯が残せない状態”になっているかもしれません。

 

  • 高倍率ルーペの活用
  • 高倍率ルーペの活用

詰め物や被せ物を長持ちさせ、さらに虫歯を作らないようにするためには、天然歯との間に”すき間”を作らないことが重要です。当院ではこの”すき間”を作らないために、詰め物・被せ物を調整する際には「高倍率ルーペ」を使用しています。肉眼のみに頼らない「精密さ」が当院のこだわりです。

「理想の白さ」に近づける、2種類のホワイトニング

ホワイトニングには、自宅でできる「ホームホワイトニング」、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」の2つのプランがございます。
ご希望のホワイトニングをお選びください。

  • 歯科医院で「オフィスホワイトニング」

    歯科医院で行うホワイトニングです。
    初回施術より1ヶ月以内の来院で「2回目無料!」

  • 自宅で「ホームホワイトニング」

    マウスピースに薬剤を入れ、ご自宅でじっくりと歯を白くする方法です。

担当医からのメッセージ:患者さんの”理想”を一緒に追求しましょう

担当医からのメッセージ:患者さんの”理想”を一緒に追求しましょう

当院が目指すゴールは、治療をする”私たち”が満足するのでなく、治療を受ける”患者さん”に心から満足していただくことです。これまで培ってきた知識と経験を駆使し、できうる限り皆さんのご要望にお応えしたいと考えています。

したがって患者さんも自身の治療に妥協せず、どんな些細なことでも私たちに遠慮なくお申し付けください

歯科治療はチーム医療です。この”チーム”には我々歯科医、歯科衛生士だけでなく患者さんも参加していただきます。ぜひ私たちと一緒に「理想的な治療」を追求していきましょう。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせお問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】

電話でのお問い合わせ03-5875-9034

【住所】

〒135-0021
東京都江東区白河4-3-1-104
イーストコモンズ清澄白河セントラルタワー1F

MENU

pagetop